ママが食べたい美容に効く食品


ママが食べたい美容に効く食品
出産後は育児に忙しく、自分のことなど構っていられないというママも多いと思います。
しかし健康維持だけでなく、美容にもそろそろ気を使っていきたいもの。そのためにはどんな食品を摂ればよいのか、まとめてみました。

まずはママの健康維持と母乳の質をアップ

産後に母乳を赤ちゃんにあげているママは、まず自分の健康を維持し、母乳の質もキープする必要があります。そのために必要な栄養素のうち、特に不足しがちな鉄分とカルシウムとタンパク質を摂るように気をつけましょう。鉄分は赤血球を作るのでママの貧血を防ぎ、血色に影響するので美容上も必要な栄養素。赤ちゃん側は母乳によって鉄分を摂るので、特に授乳期には必要です。
また、授乳によって赤ちゃんがカルシウムを摂取することで、ママの方はカルシウム不足になりがち。将来のスタイルも左右する、骨密度にも影響が出るのでご注意を。

ママの健康と美肌に欠かせないビタミンC

まずは母乳の質を上げるためにも、鉄分とカルシウムの両方が含まれる、小松菜、豆腐などを積極的に摂りましょう。鉄分を摂取する際、タンパク質やビタミンCも一緒に摂ると吸収がよくなり、ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、できてしまったシミにも効くので、ママの美容にもぴったりの栄養素。
ビタミンCはコラーゲン合成を促すのでシワにもよく、肌のターンオーバーを整えてくれる効果もあります。レモンやいちごなどといったフルーツに含まれることはご存知でしょうが、パセリ、ブロッコリー、ピーマンなどといった緑黄色野菜にも多く含まれるので、積極的に摂りましょう。

ママの肥満を防止するタンパク質

タンパク質は赤ちゃんの骨や筋肉を作る重要な栄養素ですので、ママが肉類や豆腐などで摂ることで母乳の質もアップ。ママ自身の健康維持にもよいタンパク質は産後の肥満を防止する効果もあるので、美容の観点からも欠かせない食品です。脂肪分が少ないささみや鶏むね肉、大豆製品などで、賢く摂取しましょう。

NGな食品とは

母乳に影響を与える糖分の多い食品やカフェインの多い飲料は、美容の観点からも控えたいもの。カフェインは大量に摂取しなければ大丈夫とは言え、母乳を通して赤ちゃんの摂取につながり、情緒不安定や寝つきの悪さにつながります。これがママの美容を損ねるストレスにもなりかねません。

記事まとめ

出産後母乳をあげるとお腹が空きがちになる人もいるので、栄養バランスと共に量もコントロールする必要があります。体重コントロールだけでなく、出産前も後もママの食事内容は赤ちゃんの健康にも影響を及ぼすということを、よく考えて食品を選びたいものですね。

参考サイト

https://erecipe.woman.excite.co.jp/article/Lbr_0100007/